3.採用についての考え方

当社ではいろいろな立場の方と協働しています。育児中・子持ちの社員、大学の研究者、週3日勤務で20年近く勤続いただいている主婦の方、大学院生・大学生のアルバイトさん、インターンシップ生などと一緒に業務に取り組んでいます。
プロジェクトごとに3~5人でチームを編成し、それぞれの能力と志向性に応じた役割をもって、仕事を進めています。

いろいろな立場の方と一緒にプロジェクトを遂行するために、以下のことを大切にしています。
●理念や目標を共有し、ともに追求すること
●一人ひとりがチームでの役割を認識し、自律的に行動すること
これらが可能となれば、雇用形態や立場が違っても、一緒にプロジェクトのゴールを目指すことができます。
このような働き方を実現するために、私たちは「採用」において、「お互いを深く理解し合い、納得すること」を大切にしています。

例えば、新卒採用やキャリア採用などの「正社員採用」において、一般的な企業で従来行われてきた採用プロセスは、履歴書と数回の面接や適正検査のみで終身雇用を決定し、実際に勤務するまでお互いの人柄や仕事内容が本当にはわからない、いわゆる「お見合い型就職」でした。

しかし「お見合い型就職」では、実際に一緒に働いてみるまで職場の雰囲気や仕事内容が本人にあっているかどうかがわからないという問題があり、若年者の早期離職などにもつながっています。そこで当社では、お互いをよく知った上で就職を決定する「恋愛型就職」を行っています。

お互いを深く理解し「恋愛」をするために、以下を採用プロセスとしています。
来社回数が多いため、どうしても選考期間が長くなり、お互いに時間と労力がかかりますが、当社の一員として長く協働するためにはこの仕組みが大切だと考えております。


< 採用フロー >
※新卒採用およびキャリア採用で実施している、基本的な採用プロセスです。

エントリー
→
会社説明会
→
筆記試験
→
複数回の面接
→
体験入社
→
最終面接
→
内 定

■エントリー
本当に“やりがい”と“手ごたえ”のある仕事を求めている方は、当社ホームページなどで、当社がどのような会社なのかをよく知っていただき、エントリーしてください。

■会社説明会
社会心理学のこと、当社の事業モデルや具体的な事業内容について、じっくりとお話いたします。当社のことをご理解いただいたうえで、次の選考(筆記試験)に進むかどうかを選択することができます。

■複数回の面接
お互いを理解する機会として面接を位置づけ、その機会を何度も設けます。お互いが納得のいくまで面接を重ねますので、面接回数や面接時間などは変動します。
面接は、会社の雰囲気や仕事内容をご理解いただくために、いろいろな立場の社員が対応します。わからないことや気になることはその場で何でも質問してください。

■体験入社
1~2日程度、実際に私たちが働いている現場や仕事を体験する機会を設けています。
体験入社のプログラムを通して、社会心理学から世の中に役立つ知見はどのように産み出されているのかや、社会に存在する課題に対して、当社がどのように取り組み、世の中に発信しているか、などについて、理解を深めていただきます。
当社の目指している方向や仕事内容、職場の雰囲気や社員の様子、働き方などが、自分に合っているかどうかをよく確認し、充分に納得していただいたうえで、最終面接を行っています。










サブコンテンツ

このページの先頭へ