説明会のご案内




2015年度の発足時より、全く異なる業種の企業22社が力を合わせ、「社会心理学的アプローチ」による独自の視点から現代の『健康』に関する調査研究を行ってきた「健康行動研究会」。
その4年間の活動期間において、回答者10000人(5000人×2回)もの大規模市場調査を実施し、「なぜ人は健康行動をするのか?」「どのような人がどのような健康行動をするのか?」といった、他ではできない「生活者の心理の特徴」や「環境に動かされる人間の行動メカニズム」といった観点から分析・議論してきました。日本の生活者について非常に重要な概念やメカニズムを多数解明し、施策に活用できる成果として得ています。
このたび、これらの成果を以下の形でご提供することになりました!

■今すぐ健康市場を理解したい方に…
⇒健康行動共同調査報告レポート・分析用ローデータ
 全国5000人400項目の調査から、現代の人々の健康に関する意識のありようや行動する/しないのメカニズムを明らかにしたレポートと、それを自分でアレンジして分析できるローデータ!他では手に入らない独自の調査結果から、御社のターゲットや有効な施策の検討につながります。
■健康事業の今後の課題を解決したい方に…
⇒2019食と健康の総合共同調査
 2019年に新たに実施予定の調査は、複数企業の共同調査は、「食と健康」に関して今までになかった視点で御社のターゲットを捉えられるうえに、各社単体での調査よりも低コスト。参画企業が独自の関心事を調査に盛り込めるのは今だけです。ぜひ今!ご検討ください。

これらの調査やデータの独自性や魅力を最大限にお伝えする、説明会の開催が決定いたしました! データや共同調査への参画にご関心のある方には、直接そのメリットを確かめられる最適な機会です。ぜひご参加ください。


●食品・食事関連企業の新たな戦略づくりを!
2019年度に実施予定の「食と健康の総合共同調査」は、健康行動研究会の4年間の知見をフルに活用しながら、健康における重要な要素である「食」に特化した大規模調査となります。
より健康的な「食」に関する消費者、生活者の本質を・自社の事業にも直結させながら・より低コストで知ることができる絶好の機会です。
なぜそのようなことが可能なのか、「健康行動研究会」の視点や成果をご紹介しながらご説明します。その魅力をぜひご確認ください。

●食以外にも、すべての「健康商品・サービス」にご関心をお持ちの企業の方に「健康」の新しい視点を!
「健康とは何か?」このことはあいまいであまり意識されていないにも関わらず、人々の行動や消費に大きな影響を与えています。
本人に直接聞いてみてもわからない人々の意識されない心の中に、アンケートを使ってアプローチしていく「社会心理学アプローチ」。「健康行動研究会」が用いてきたこの独自のアプローチによって健康に関する消費者の潜在的なニーズや、行動を促進したり抑制したりする要因が明らかになっています。これらの結果を報告するレポートや、あるいはさらにご自身の課題に応じて分析できる約400項目に及ぶローデータは、健康に関する新たな事業展開や現代の消費者に関するインサイトを踏まえた商品開発をお考えの方に、これまでにない視点の獲得を可能にします。今回の説明会では特別に、この内容の一部をご紹介します。


この調査やデータの特別さを深く確認できる説明会に、ぜひお越しください。
研究会の様子1 研究会の様子2



説明会申し込みはこちら


【東京】開催 <日 時>
2019年 1月31日(木) 14時~16時頃
(13時半受付)

<場 所>
フクラシア東京ステーション
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5F
TEL:050-5265-4811


JR[東京]駅・地下鉄[大手町]駅 地下直結
JR[東京]駅・日本橋口徒歩1分
【大阪】開催 <日 時>
2019年 2月5日(火) 14時~16時頃
(13時半受付)

<場 所>
グランキューブ大阪
大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51
TEL:06-4803-5555


・京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」(2番出口)すぐ
・JR大阪環状線「福島駅」から徒歩約15分
・JR東西線「新福島駅」(3番出口)から徒歩約10分
・阪神本線「福島駅」(3番出口)から徒歩約10分
・シャトルバスが、「リーガロイヤルホテル」とJR「大阪駅」桜橋口の間で運行されており、ご利用いただけます(定員28名)

プログラム 1.健康行動研究会の市場理解のアプローチ 

2015年度より活動を開始した“健康行動”研究会。
この研究会が市場を見る視点の特徴は、
  • 医学的な健康ではなく、心理的・社会的な側面から「健康」を追究する「社会心理学的アプローチ」を用いている
  • 実際に調査を行いデータを取ることで、客観的な事実に基づいた理解や施策への具体的な活用につながる情報を得ている
…というところにあります。
社会心理学的アプローチの視点で市場を見ると、事業施策は大いに変わります。
その特別さを、ぜひ説明会にてご確認ください。

2.健康行動研究会が明らかにしてきた「健康」 

健康行動研究会が、4年にわたってどのようなことに取り組み、何を明らかにしてきたか、ご紹介します。
「健康」に関して今まで気づいていなかった「市場を理解するための重要な概念」が最新のデータによって明らかになっています。説明会では、その一部を特別にご紹介します!

  • 2015年~2017年にかけて、変化してきた健康行動の動向とその背景
  • 日本人なら約8割の人が持っていて、健康行動を促進したり抑制したりする…この信念の秘密が、さらにわかった!
  • 同じ「健康食品」を取る人でもこんなに考え方が違う!?健康食品利用者のタイプ分類
…など
調査報告レポートやローデータから、どんな特別なことがわかるのか?ぜひ詳しくお確かめください。
研究会の様子1

3.2019年度「食と健康の総合共同調査」概要と参画方法のご案内 

2019年度、健康行動研究会はこれまでの「健康」全体の取り組みから、「食と健康」の領域に深く切り込んでいくことにしました。
この調査は、「健康に良い食」に関する商品・サービスを提供されている企業の皆様ならだれでも関心をお持ちの「健康と食」の市場データを、低コストで様々な企業の方にご提供する企画です。ただし、よくある市場データのご提供ではなく、調査開始前からご参画いただくことで、一般論ではなく、各社独自の調査項目も準備し、各自の課題解決にお使いいただけます。「食と健康」に関して、市場に新しい戦略を打ち立てたいとお考えの方は、ぜひこの機会に説明会にお越しください。 この説明会にて共同調査への参画に関するご案内も行いますので、ご関心をもっていただけた場合には、ぜひ共同調査にご参画いただき、調査結果を事業戦略にお役立てください。
研究会の様子1
参加費 無料(事前登録制)
注意事項
  • 企業・組織向け説明会となっております。(個人でのお申し込みはできません)
  • 企業・組織で複数名様のお申込みの場合も、必ず1名様ずつお申し込みください。
  • 説明会へのご参加人数は、1団体につき上限を設けさせていただく場合がございます。
  • 説明会の内容やプログラム等は変更する場合があります。
  • 主催者の判断により、説明会へのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由等につきましてはご説明はいたしかねますので予めご了承ください。
  • ご参加いただける人数には限りがございます。勝手ながら、お申し込み多数の場合は早期で受付を終了し、抽選でのご案内とさせていただきます。お早めにお申し込みください。
  • ご参加いただける場合には、数日前に受付完了メールにて、注意事項等をお送りします。必ず受付メールをご確認ください。
  • 健康行動研究会の知見の保護のため、一部開示できない内容・データがございます。あらかじめご了承ください。また、説明会内容の撮影・録音はご遠慮ください。
主催 健康行動研究会(運営:株式会社 応用社会心理学研究所)

お申込

説明会にご参加希望の方は、以下のリンク先よりお申し込みください。また、関心はあるが日程が合わないという方には、別途資料を送付させていただきます。送付先をご登録ください。

説明会申し込みはこちら


研究会事務局 株式会社 応用社会心理学研究所
担当:田中
TEL:06-6941-2171 メールでのお問い合わせは こちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ